未分類」カテゴリーアーカイブ

地元岐阜の木で建てる

岐阜の木で家を建てる。柱を触ってみる。地元の木で家を建てる。明日、郡上白鳥の製材工場へ行きます。岐阜の木で家を建てることの意味を「見て」きます。何度も何度も見に行きます。語り継ぐ必要があるから。次の世代へ伝えてきます。昨日、現在就職活動中の学生さんたちに、わたしたち岐阜で木の家を建てる工務店のことをもっと知っていただきたい想いで郡上の山までご案内しました。郡上市大和町の森の中。(写真は別の場所です)学生さんたちの輝く目に我々も元気が出てきますね。スーパーで野菜を買う時に、「〇〇農園の△△さんがつくりました」といったフレーズで生産元を表示しているものをよく見るようになりましたね。収穫時期(旬)に採れた地元野菜って、何より美味しいですよね。木も同じこと。生産履歴(トレーサビリティー)を見ると安心しませんか?伐り旬に伐採した国産材を使うと、気候風土に合って丈夫で長持ちしますよね。いわゆる「良材」です。無垢の木を使うことは難しいと言って、建築会社の方が使いたがらない国産材をわたしたちは積極的に、100%使っております。無垢の木を扱う技術があるから使える。老舗の製材業出身の工務店だからこその武器です。