無垢の木香る上棟の日

上棟を行いました。カンカンと槌を打つ音が心地よく響きます。名古屋で注文住宅の建築です。朝早くから暑い日でしたが、ご家族ご親族の方々に見守られながら、無事に棟が上がりました。完成内覧会から駆けつけると、もう立派な家の形。お施主様の見守られる中、無垢の木のいい匂いが漂います。ご主人さまの夕空の中の我が家を眺めている姿がとても印象的でした。何を感じられたのでしょう。屋根の上で作業をしている職人さんたちは真っ赤な顔です。棟梁さんもとても満足げな表情。ご両親が駆けつけていただいたことに私自身とても感動しました。多くの方々の期待と夢を託されていることを実感し、より「がんばろう」という気持ちになりました。建築現場へは距離があるのでなかなか見に来られないことだと思いますが、ぜひ建築現場へ来られるときには、十分に家づくりを噛みしめていただきたいと思います。これからも楽しんで家づくりを進めてください。(工事監督とお施主様が、打ち合わせをしている風景を撮影している風景を撮影)私のデスクトップは、最初のお客様である方のお住まいの写真です。今の自分に押し上げてくれたのも、この施主様のお陰です。時にアドバイスもいただいております。また、時に懐かしくなるご家族