無垢の気持ちいい家

おはようございます。雨が続きますね。昨日も雨の中見学会を行いました。このジメジメした時期であっても家の中は湿気を感じさせません。「無垢の木の家は気持ちがいい」そう言っていただけることが多い家。私が「気持ちがいいですね。この家は今エアコンは一再稼働していませんし、窓も開けていないんですよ。」と伝えると「そういえばそうだね」と気付かれます。「なんとなく気持ちがいい」この感覚ってとても大切だと思います。あるオーナーさんが言っていました。「新しい家に住んでから、家にいる時間が長くなった」気持ちがいいところって自然と滞在時間が長くなるんですね。これから住みづらい環境に入っていきます。そんな時こそ、住宅のもつ「気持ちよさ」が感じやすくなる時期ですね。一度でも多く体感しに来てくださいね。今日、夕方ちょっと時間があったので、美濃市の美濃和紙屋さんへ行きました。店主一押しの照明器がこれ。蒼い和紙を通して「深海」をイメージしているそうです。おもわず衝動買いを・・・危ない!1万円を超えるものだったので、ちょっと考えて・・・よし!美濃和紙の葉書を買おう。と私なりに冷静な判断。いつかは手に入れようと、店主に宣言してお店を出ました。まずは受け皿となる自分の部屋を片付けなければ。岐阜の不動産SHOPで中古住宅を購入してリノベーション