住宅の敷地調査

「暑いと言ったら負け」という、子供のころに友達とゲームをしたことを思い出します。

今日は何回「暑い」と言ってしまっただろうか。

いままで我慢していたアイスクリームをついつい食べてしまいます。

さて、

営業仲間と、敷地の環境調査を行いました。

敷地の状態もチェックしますが、法規上のチェックも行います。

場所によっては家が建てられないこともありますからね。

敷地の寸法を当たっている最中も、汗が目に入ってきます

環境調査としては、今と反対の季節を想像しながら行うことも大事です。

今でいえば冬ですね。冬の風向きや太陽の高さを想像します。

家を考える際に大切なことです。

皆様も、建築のご計画のある敷地がありましたら、まずは季節のことをイメージして敷地を見ることをお勧めします。

きっと何か発見できるかも

今日、郡上へ行きました。

畑では夏野菜のトマトやナスが生っています。

七夕はいつも雨が降っていますね。

しかも大雨

道中、カーラジオで「雨の上の空は晴れてます」というフレーズを聴きました。

何気ない言葉でが、ナルホドと、ちょっと前向きな気持ちになります。

雨といっても、それは雲の下。もっともっと上を見上げれば、見渡す限り晴れた空。

そう考えると気持ちが楽しくなりますね。

PR:愛知で木の家を建てる